避難勧告・避難指示の違い

  • 協会新着情報

災害発生時に発令される【避難勧告】・【避難指示】ですが、意味の違いについてご説明したいと思います。

【避難勧告】・【避難指示】はともに行政(市区町村長)が住民に対し呼びかけるものであり

避難勧告=危険だから非難することを勧めます。

避難指示=危険だから非難してください。

ということで勧告より指示の方が強い非難要請になります。
しかし、住民にはその場に留まるという選択も残されているわけであり、これに従わないこともあります。

これに対し、その場に留まることの危険度があまりに高ければ、住民の生命を守るという行政の責務から、【避難命令】が出されるケースもあります。
また、【自主避難】という言葉もあります。

自主避難=行政が非難を呼びかける以前に住民が自ら危険を回避するために避難する

という意味であり、危険を察知する行動を日頃から行うことで、自主避難を決断することが可能になります。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク