台風が発生するまでのメカニズム

  • 防災情報

日本において台風は、自然災害を引き起こす原因として代表的なものの1つです。
にも関わらず、実際に台風について知られているのは、「雨や風が強い」ということや
「台風には目がある」といった程度のことです。

実際の台風の定義とは、どのようなものでしょう。

台風とは、

『主に北大西洋で生まれた“熱帯低気圧”が風速17.2m/秒を超えたもの』

のことを指します。

この“台風”が発生するメカニズムですが、
以下のステップを経て形成されています。

①    熱帯地域の海面は水温が高いため、大量の水蒸気が上昇する。
②    上昇した水蒸気は、冷やされて、水滴に変わる。
③    水滴が集まることで、雲が出来る。
④    雲がどんどん形成されて、『積乱雲』となる。
⑤    『積乱雲』がまとまりながら、渦を作る。
⑥    渦のなかの気圧が下がり、それが発達することで『熱帯低気圧』となる。
⑦    この『熱帯低気圧』が、大きな規模に発達して、『台風』となる。

一言に台風と言われていますが、実はこのような複雑な過程を経て形成されているのです。

画像は、現在日本に接近している台風13号の発生当時(2016 9/6時点)を
『衛星画像ひまわり』で撮影したものです。

台風13号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中心に向かって渦を作っています。この渦の部分の気圧がどんどん下がることで、
風速がどんどん強まります。

台風13号が日本に接近しています。
そして、9月は日本でも最も台風の多い時期です。
今一度、『台風』、そして『自然災害』について見つめなおしてみる
機会としてはいかがでしょう。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク