すが漏れによる被害

  • 協会新着情報

雪による家屋被害として、寒冷地などで代表的なもののひとつとして、『すが漏り』による被害があります。
家屋に雪が降り、屋根に雪が積もります。積もった雪が外気によって冷やされて凍ります。
一方室内では暖房等の使用により、室内の温度が上昇します。

室内温が上昇することでその熱は室内の内側から屋根へと伝わり、屋根の上で生じた氷が溶けます。
ですが、軒先の氷はその場所的な理由から氷が溶けずに、通常軒下へ流れるべき水が軒先の氷にぶつかることで行き場を失い、
その水が防水剤であるルーフィングの下から上に向かって入り込み、屋根の内部へと水が侵入し、雨漏りとなる現象がすが漏りです。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク