災害時における衛星画像などの活用促進[国土交通省]

国土交通省では災害時の人工衛星画像の活用促進のため、JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)と共同で「災害時の人工衛星活用ガイドブック」を作成したとの発表がありました。

人工衛星は昼夜・天候に関わらず観測が可能なので、この衛星画像の活用により、災害時の被害の把握と初動の迅速化が期待されています。

平成29年5月に「人工衛星等を用いた災害に関する情報提供協力に係る協定」を、国土交通省とJAXAで締結。この協定により、水害、土砂災害被害に対する衛星画像の活用促進の検討を行っています。

【引用:災害時における衛星画像等の活用を促進~災害時の衛星画像活用のためのガイドブックを作成|国土交通省】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA