住家被害認定研修を受講しました。

2018年11月27日

神奈川県主催 住家被害認定研修 を当協会理事長をはじめ、数名が受講してまいりました。

 

住家被害認定調査 とは、り災証明書の発行に伴う調査です。

・地震や風水害等の自然災害により被害のあった住宅について、内閣府の定める
「災害の被害認定基準」等に基づき、全壊、半壊等の「被害の程度」を認定する調査です。
・被害認定の実施主体は、被災した市区町村になります。
・実際の調査は、被害認定の調査・判定方法について研修を受けた市区町村の職員等が行います。

内閣府 参考URLhttp://www.bousai.go.jp/taisaku/unyou.html

 

現在は行政・自治体職員の方々、一部の士業の方々のみが受講対象となっています。

当協会は独自で協会員のみなさまに研修を開講できるよう準備中です。

準備が整いましたらHP、メルマガ、プレスリリースにてご連絡しますので今しばらくお待ちください。

 

り災証明書、住家被害認定について参考

毎日新聞:https://mainichi.jp/articles/20170413/k00/00e/040/285000c

 

罹災証明書とそれを発行する基準になる住家被害認定調査について

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。