阪神淡路大震災から今日で23年

  • 協会新着情報

 1995年1月17日午前5時46分ころに発生した阪神淡路大震災から丸23年。震度を記録した大地震は、6434人という尊い人命を奪っていきました。被災各地では発生時刻に合わせて、追悼行事が行われました。

 一方で、表面上は復興したように見えますが、その裏では兵庫県で復興事業に要した借金が未だ約4千億円も残っており、完済にはは今後10年以上かかる見通しです。

 兵庫県では阪神淡路大震災による県内の被害総額は約10兆円で、復興事業費は約16兆3千億円となりました。国が約8兆円負担したものの、残りは県と各市で負担。また、兵庫県では老朽化が進む県庁舎の立て替えなど、今後の備えにも暗い影を落としています。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク