自然災害への備え ①ハザードマップ



http://www.gov-online.go.jp/cam/bousai2017/city/ 津波・河川氾濫・土砂災害に関するハザードマップを探して、自宅付近の状況を確認しましょう。海や河川から離れているからと言っても、標高が低ければ浸水する可能性もあります。山や崖から離れているからと言っても、土砂のスピードは時速20〜70kmになる場合もあるので、被害が広範囲になる可能性もあります。また、埋立地のある街では液状化マップもあります。全ての自然災害に関しての状況を調べ、ご家族で共有しましょう。 例)横浜市港北区の洪水ハザードマップ

例)横浜市港北区(北部)の土砂災害ハザードマップ
また備えているからといって、初めて目の当たりにする自然災害にどう対応していいのかわからず、避難などすぐさま対応出来ない可能性もあります。「この程度ならまだ大丈夫、、、」とは思わず、事前の行動を心掛けてください。次回は「警報」について紹介したいと思います。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA