関東・関西の地震被害の比較

「関東は地震が多い」

「関西は地震が少ない」

 

上記は、一般的に言われている事実なのですが

数字で見ると一目瞭然です。

 

2014年における震度3以上の地震の発生回数を比較しています。

 

関東・・・計118回

関西・・・計14回

 

関西の地震発生回数は、関東の地震発生回数の1/10です。

 

ただ、関西は地震に全く無縁な地域なのかというと、決してそうではありません。

下記に、関西で100人以上の死者を出した大きな地震を列挙します。

 

・1891年 濃尾地震(死者7273人)

・1927年 北丹後地震(死者2912人)

・1944年 東南海地震(死者1183人)

・1945年 三河地震(死者1961人)

・1946年 南海地震(死者1443人)

・1995年 兵庫南部地震(死者6434人)

 

時系列でみると、

1946年の南海地震から1995年までの兵庫県南部地震の間まで

50年近く、規模の大きい地震がありません。

なので、その時代に生きる人達(我々)は、

 

「関西は地震の少ない地域である」

 

と認識するに至ったのだと考えます。

 

また、関東においては、1923年の関東大震災が起きています。

死者・不明者は、10万5千人余とも言われています。

 

これはイメージの話になってしまいますが、

 

「関東は地震が多い」

 

と言われる背景に、回数が多いのはもちろんのこと、

この地震のことが脳裏をよぎる方は少なくないかもしれません。

自然災害調査士認定試験

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。