強い雨とは

  • 防災情報

「昨日は雨が強かった」、「今日の雨は激しい」など、
我々は雨の強さについて日常的に口にしますが、
これは定性的なものなのでしょうか。

実は『雨の強さ』についての“指標”が存在します。
気象庁では1時間の雨量に対して、現場の視点からどのようになるのかを指標化して公開しています。(下表)

なお、1時間の雨量とは、どこにも逃げ場のない容器を用意して
1時間放置することで溜まる水の高さをいいます。

例えば、『1時間雨量が30mm』という表現があれば、
1時間容器を放置すると3cm水が溜まるということになります。

「実際に降っている雨が、どの程レベルの雨なのか」

そのような視点で雨を観察してみるのも、興味深いかもしれません。

雨の強さと降り方

 

 

 

 

 

 

 

 

【引用:雨の強さと降り方】
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/amehyo.html

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク