長崎地方で特別大雨警報

今日7月20日(土)10時05分、長崎地方気象台は大雨特別警報を発表しました。

 台風5号の東側に広がる活発な雨雲の影響で、早朝から断続的に激しい雨が降っており、五島市、新上五島町、西海市(江島、平島)、小値賀町、佐世保市(宇久地域)、対馬市では、これまでに経験したことのないような大雨となっています。

 すでに災害が発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する状況です。最大級の警戒をして、命を守る最善の行動をとってください。

国が昨年7月の西日本豪雨の教訓を受けて5月に運用を始めた5段階の防災気象情報のうち、最も警戒が必要なレベル5相当の発表が出たのは初めてです。

気象庁の梶原靖司・予報課長は20日午前11時に記者会見を開き、

「直ちに命を守るために最善を尽くす必要がある状況だ。すでに災害が発生している可能性が極めて高い。あらかじめ指定された避難場所に向かうことにこだわらず、川やがけから少しでも離れた場所で安全を確保してほしい」

と呼び掛けました。

 大雨特別警報が出されたのは、五島市▽新上五島町▽西海市の一部▽小値賀町▽佐世保市の一部▽対馬市――。五島市全域に避難指示が出され、その他の自治体も避難勧告を出してます。

生死に関わる災害レベルなので最大級に警戒してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA