一般社団法人国際すべり測定値計測管理協会と災害時応援協定を締結

  • プレスリリース

一般社団法人 全国自然災害家屋調査協会は一般社団法人 国際すべり測定値計測管理協会と平成30年6月11日に災害時応援協定を結んだ。

一般社団法人 国際すべり測定値計測管理協会は、アメリカ最古の安全規格である UL規格の基準を満たした測定器械を開発し世界における国際基準の獲得、産業技術分析などを行っている協会です。

両協会が災害時協定を結ぶことにより開発の得意な一般社団 法人国際すべり測定値計測管理協会と被災地・災害事情に詳しい一般社団法人 全国自然災害家屋調査協会が被災地の声を基に災害時に必要な防災グッズなどを企画共同開発する予定です。
一般社団法人 全国自然災害家屋調査協会は発災時の建物の被害調査及び被害に至るプロセスを検証し日本初の自然災害による住家被害判断基準を設けた協会です。
自然災害調査士の資格を発行しています。

  災害救助法
  災害対策基本法
  被災者生活再建支援法

などの内閣府の法律が住家被害判断基準に随時反映されています。

常時の自然災害調査士の主な仕事は建物調査により被害状態を顕在化・記録化することが目的です。
自然災害後の差異を検証して被害度を認定、改善や修理などのアドバイスも行います。

先だって人材育成協定を結んだ株式会社エムテックスと共同開発している『ドローンカリキュラム』なども大きく期待されています。
今後、自然災害調査士有資格者による建物調査市場は需要拡大が大きく期待されています。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク