一般社団法人国際すべり測定値計測管理協会と災害時応援協定を締結



  災害救助法 災害対策基本法 被災者生活再建支援法 などの内閣府の法律が住家被害判断基準に随時反映されています。 常時の自然災害調査士の主な仕事は建物調査により被害状態を顕在化・記録化することが目的です。 自然災害後の差異を検証して被害度を認定、改善や修理などのアドバイスも行います。 先だって人材育成協定を結んだ株式会社エムテックスと共同開発している『ドローンカリキュラム』なども大きく期待されています。 今後、自然災害調査士有資格者による建物調査市場は需要拡大が大きく期待されています。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA