政府カーナビからの災害情報提供の方針

 政府は大地震が発生した際、人工衛星を利用し、車を運転している人にカーナビから災害情報を提供する方針を固めました。準天頂衛星「みちびき」を利用し、本年2018年からの実用化を目指します。

 東日本大震災の際、運転中で地震や津波などの情報を受け取れず、津波に巻き込まれたケースがありました。衛星を利用した情報伝達であれば、携帯電話やインターネットなどの通信インフラが失われた場合でも、災害情報を得られるという利点があります。受信にはカーナビ端末に専用のソフトウェアを搭載必要があるため、政府は関係企業に協力を要請しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。