簡単に使える防災ツール『ハザードマップ』

  • 防災情報

国土交通省が提供するハザードマップというものがあります。
自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図にした便利なツールです。
災害の発生地点、被害範囲、被害度合、避難場所などの情報が地図上に示されています。

ハザードマップを確認すれば、自分に住んでいる地域に何の災害リスクがあるのか一目瞭然です。
洪水、津波、土砂災害など、様々な項目が網羅されています。

お住まいの地域の災害リスクを再確認しておくことで、
災害発生時、迅速に避難を行うことが出来るだけでなく、
二次災害の想定地域を避けることが出来るため、自発的な『防災』が可能になります。

 

国土交通省『ハザードマップポータルサイト』

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク