台風5号 について

  • 災害情報

 本日、日本に上陸した台風5号は、鹿児島県瀬戸内町で1時間120ミリの大雨を記録、勢力そのままで日本列島北上が予測されています。今回の台風5号は、動きが遅く、強い勢力を維持していることから、広範囲で猛烈な雨や風の恐れがありますので、注意が必要です。また、台風周辺の湿った空気が広い範囲で流れ込んでいるので、台風から離れた地域でも局地的な激しい雨が降る可能性もあるので、今後の気象情報に注意してください。

<今から気象情報を把握しましょう>
テレビ、ラジオ、インターネット、携帯電話などで今後の気象情報を把握しましょう。スマートフォンをお持ちの方は、YAHOOで提供している「防災速報」などのアプリをインストールし、ご自身の自宅や職場、ご両親がお住いの地域などを予め登録しておきましょう。

<危険な場所には近づかない>
台風が近づき周りの様子を見るために、浸水した道、増水した河川、海などには近づかないようにしましょう。それらの近くで遊びの予定があった場合は、気象の状況により中止しましょう。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク