中小企業のBCP

・仕入先や取引先が被災し仕入れ・取引ができなくなった。 ・大規模地震や水害により、パソコンなどの電気機器が使用できなくなった。 ・インフルエンザなどの感染症により、大半の従業員が出社困難になった。 ・地震や河川の氾濫により、事務所へ入ることが困難になった。。など おおよその場合、事前に何も準備していなければ、通常業務が困難になることが予想されます。また、被害状況や業務・出勤形態などにより、対応方法も変わるので、あなたの業種に合わせた様々な被害を想定する必要があるでしょう。詳しくは、下の中小企業庁のページをご覧ください。 また、東日本大震災からすでに6年が経過し、人々の意識から少しずつ震災に対しての恐怖や防災への意識が薄れていくのを感じます。いつ発生するかわからない緊急事態に備えてBCPの策定・運用をお勧めします。 ↓BCPについて詳しくは 中小企業BCP策定運用指針(中小企業庁)]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA