身を守るためにできること【津波編】

  • 協会新着情報

世界で共通の知識ですが、
地震の揺れが小さくても1分以上続くようなら
津波が来ると考えてください。

津波は時間をかけてやってきます。

『来ないから大丈夫』

と判断することが何より危険です。

1960年のチリ地震による津波では
140名余が犠牲になりましたが
チリから日本に20時間以上かけてやってきたと言います。
当時は警報が間に合わず、津波が突如三陸地方を襲ったような報道がされました。

南海トラフ巨大地震による津波がとても心配です。
津波の第一波が5分以内に来る地域もあります。

沿岸部お住まいの方は、高くて安全な場所に行くのが先決ですが、
緊急のときは、近くの津波避難タワーや津波避難ビルに駆け込みましょう。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク