原因不明の異常気象

  • 協会新着情報

昨日(11/24)は関東地方でも雪が降りました。
11月に雪が降るのは、54年ぶりだと報じられています。
ようやく落ち着きましたが、結構な降りでしたね。

このような事が起きた原因ですが、専門家の間では【ラニーニャ現象】であるとされています。
【ラニーニャ現象】は南米ペルー沖から西の赤道付近の太平洋の温度が、平年よりも下がっている現象です。
ラニーニャ現象は1~2年に及ぶことがあると言われています。

一般的にラニーニャ現象が発生する時期というのは、「真夏」と「真冬」なので、今回の雪は時期外れのイレギュラー感が否めないです。

【ラニーニャ現象】は、いまだ予測が困難な現象なのです。
現段階では、「ラニーニャ現象が起こると、世界的な異常気象を引き起こす」ということくらいしか解明されていません。
地震と同じく、自然現象を完全に解明するのは、今後の命題だといえます。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク