塗装塗替え時期の判断の仕方

  • 防災情報

あまり意識することのない家の壁ですが、実は毎日かなりの負担がかかっています。
砂埃にさらされ、雨や紫外線を浴び続けています。

一般的に、外壁の塗替え時期は、家を建ててから10年目と言われており、
以降は10年サイクルで塗装するのが理想的なのですが、
費用も馬鹿にならない額になるため、

「塗装の必要性を感じることができず、そのまま放置」

という方も多いのが現状です。

しかし放置しておくと、

・劣化が進み、壁が剥がれる

・雨漏りがする

などの害が発生し、修繕費が更に大きくなります。

そこで、塗装の塗替えのタイミングを判断する方法があります。

このタイミングを判断する基準は、『チョーキング現象の有無』を調べることです。

チョーキング現象とは、
太陽からの光や熱、雨や風に巻き上げられた砂などが原因となり、外壁が劣化することで起こる劣化現象です。

やり方は、塗装面を手で触ったときに白い粉が吹いていて、白いチョークで擦ったような汚れが手に付くことで判断することが出来ます。
このチョーキング現象が起きていることが確認できた場合、塗装の塗替えのタイミングであると判断することが出来ます。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク