群馬県南部で震度5弱

本日17日、15時27分頃、群馬県で最大震度5弱を観測する自信が発生しました。観測されたマグニチュードは4.6で、震源の深さは約14km、この自信による津波の心配は内容です。群馬県で震度5弱以上が観測されたのは2014年9月16日に発生した茨城県南部を震源とした地震依頼、4年ぶり。

揺れの強かった地域では、落石やがけ崩れが起きやすくなっている可能性がありますので、今後の地震活動に注意しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。