住宅被害判定を航空写で、罹災証明書の早期発行へ[内閣府]

  • 協会新着情報

 内閣府では「災害に関わる住家の被害認定に検討会」を3月1日に開催しました。今後の地震などで被災した住宅被害の判定について、航空写真を活用するほか、地盤被害で簡易判定を実施することを取り決めた。このことにより、罹災証明書の早期発行できる予定です。

 罹災証明書の発行に必要な住宅の被害判定は、研修を受けた調査員が行いますが、調査対象の住宅に近づけない場合、航空写真を利用し判定を行えるようになります。地盤については斜面崩壊で沈下、傾斜などが起こった場合、簡易的な判定を実施します。

 また、自治体の被害認定調査と、損害保険会社・共済団体の損害調査と混同されないよう、その違いや調査木亭を明確に説明することも重要とされました。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク