火災保険の補償内容を確認しましょう

  • 協会新着情報

 いつ発生するかわからない災害への備えとして、一戸建てにお住まいなら火災保険への加入は必ずと言っていいほど必要です。ですが、火災保険という名称で、火災で補償される保険だと思っていませんか?

 実は、火災だけではなく、落雷や風災など自然災害にも補償される素晴らしい保険なのです。日本は地震、台風、洪水など自然災害が多い国ですので、その日本にマッチした保険といえるでしょう。保険会社によって補償される内容が異なる場合がございますので、知らなかったという方はご加入中の保険内容を必ず確認しましょう。

<主な補償内容>
・火災、落雷、破裂・爆発
・風災・雹災・雪災
・建物外部からの物体の落下・衝突等
・盗難による盗取・破損・汚損
・水災 など

 地震による火災や津波の被害は、火災保険では補償外の可能性があります。火災保険と地震保険は別物ですので注意しましょう。また、自然災害の被害に遭った際、加入している保険で補償されていないと保険金で家屋が修理できません。被害が大きければ、自費での修理は困難になる可能性もありますので、早めの確認をお勧めします。

 中にはご自身で補償内容を選べる火災保険などあり、ご自身の状況に合った内容を選ぶことも可能です。わからない場合は、町の保険代理店やファイナンシャルプランナーなどに相談するといいでしょう。

 ですが、自動車保険はカーディラーなどに、生命保険は医者に診断してもらい、専門家による主張ができますが、火災保険は契約者ご自身が判断し申請しなくてはなりません。屋根などに登り被害箇所を把握し、修理費用の見積りを作成し、保険会社に申請しなくては保険金はおりません。申請するには専門的な知識が必要となるので信頼できる工務店や、火災保険修理の専門の業社へ依頼するの一つの手段です。ですが、火災保険修理の専門業社を語った詐欺が過去に報告されていますので、業社選びは慎重に行いましょう。

 当協会でも自然災害による被害の調査が可能です。調査は、当協会で「自然災害調査士」の資格を取得した協会員が行います。自然災害や家屋についての専門知識を持った調査士ですので、安心してご依頼ください。

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク