地盤サポートマップ

  • 協会新着情報

 地震と地盤はとても密接な関係です。震源地に近いほど揺れは大きくなりますが、地盤の硬さによっても揺れ方が異なってきます。地盤が柔らかいと地震の揺れが増幅されて被害が大きくなる可能性があります。また、液状化・亀裂など地震による二次被害も考えられるので、地盤を理解するのも防災の一つの手段になります。

また、東日本大震災の時には千葉県で多くの液状化した箇所が見受けられました。液状化が起こると地下水が吹き出したり、建物が沈んだり、マンホールなどの埋設物が浮き上がったりと、様々な被害が発生します。

 まずは、お住いの地盤の強弱を確認しましょう。こちらのジャパンホームシールド株式会社で提供している「地盤サポートマップ」では、住所を入力して「送信」をクリックするだけで、地盤の状態を調べる事が出来ます。地盤が弱かったからと焦らず、地盤に合わせた補強工事も可能ですので、検討してみるのもいいかもしれません。

【外部リンク】地盤サポートマップ for U(ジャパンホームシールド株式会社)

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク