気候リスクの管理



  リスクは様々ですが、どのジャンルでもこのプロセスは有効です。まずはこちら3項目について考え、身の回りの気候リスクを認識することで、気候リスクを軽減できる可能性あります。 ①どのようなことで気候の影響を受けているのか。 ②その影響に対して何らかの対策はあるのか。 ③対策のためにはどの程度の時間が必要か。 気候リスクを受ける当事者であるあなたが、ご自身の事業などのリスクを認識することが大切です。次回は、気候リスクの評価について紹介します。漠然と認識した気候リスクをよりはっきりと把握しましょう。 →気候リスク管理(気象庁ホームページ)]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA