災害時無線LAN「00000JAPAN」

  • 協会新着情報

 災害時の避難後にまず行いたいのが、家族や友人の安否確認や、災害についての情報収集だと思います。それにかかせないのがスマートフォンですが、被災直後は回線がパンクしたり基地局の障害などにより、通信できず何もわからないまま不安になる可能性もあります。そこで、災害時でも通信できるように公衆無料Wifiを開放する取り組みがあります。

「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」

 大手通信会社などが参画する「無線LANビジネス推進連絡会」のプロジェクトの一つで、熊本地震の時にも被災地に無料解放されるなど、すでに運用もされています。

運用の条件や対象として、「携帯電話やスマートフォンが長時間利用できない地域が無料開放の対象地域となる。また、自治体等からの要請に基づく場合には、当該の災害対策本部が定めるエリアが対象地域となる。」とのこと。

 接続方法は、WiFiをONにして、「00000JAPAN」のSSIDを選ぶだけです。0がたくさん並ぶので一番上に表示されるようになっています。ただパスワードで保護されていないWifiのため、暗号化されていない通信に関してはデータ情報を搾取される可能性があるので気をつけなければなりません。

 災害時、特に避難所で生活するには情報・連絡が必要になりますので、素晴らしいサービスです。また、災害時の無線LAN無料解放は世界初の取り組みとなっています。

<参考>
00000JAPAN 第4.0版 ガイドライン

ホームへ戻る

■投稿:

関連記事

自然災害調査士認定試験 受験者ログイン

協会の活動

お役立ちリンク