自然災害調査士とは?

自然災害調査士®とは?

自然災害調査士®は、近年猛威をふるう自然災害により被害を受けた家屋調査や災害保険の専門知識を学び、職業もしくはボランティアとして正しい助言を行う災害・復興アドバイザーです。

あわせて、災害時の情報の取捨選択の方法、自然災害の正しい知識、災害保険の利活用、火災保険や罹災証明の申請、義援金・支援金の活用の仕方および正しい建築業者の見分け方など、自分や家族を災害から守る知識とスキルが身につくだけでなく、ボランティアとしても頼りにされ、また自然災害コンサルタントは、本業の第二の収入の柱として活用できる知識も身につきます。

自然災害調査士®は幅広い相談に対応します

自然災害調査士®は、災害時・災害後の正しい行動知識とスキルが身につき、また他人に対してもアドバイスを行える力が身につきます。特に建築関係に従事する方にはお薦めで仕事や集客に繋げられている方々が多数います。

また必要に応じて、行政や専門家とも提携し、少しでも早く被災者の生活と人権の再建、そして地域の復興のお手伝いを行います。

自然災害調査士®で身につく知識と仕事の一例

家屋の調査とメンテナンス

家屋の調査とメンテナンス

  • ご自宅の適切なメンテナンス方法が自分で理解できるようになり、震災時の行動知識やスキル、正しい業者の選び方が身につきます。
自然災害コンサルタント

自然災害コンサルタント

  • 自然災害時にコンサルタントして被害調査、応急処置、再建、復興へ向けてのコンサルタントを行うことができます。
  • 災害復興のオピニオンリーダーに。
災害保険の利活用法等

災害保険の利活用法等

  • 災害時の支援策や災害保険の情報
  • 震災時の火災保険の利用方法
  • 火災保険等の基礎知識
自然災害調査士®の利活用

自然災害調査士の利活用

  • 住家被害認定士への資格条件
  • 全国の協会員ネットワークの活用
  • 全自協HPへの名前掲載
専門家との提携

専門家との提携

  • 一級建築士への橋渡し
  • 全国工務店、リフォーム業者への橋渡し
  • 自然災害調査士への橋渡し
災害の基礎知識と対策

災害の基礎知識と対策

  • 協会員限定講習会
  • 協会員専用サロン

自然災害調査士®の活用方法

悲しい事実ですが、自然災害は今後も一生続くものです。逆に言えば、自然災害調査士®の知識は、一生使える知識とも言えます。

建築業関係者だけでなく、様々な場所やシチュエーションでこの知識を活用されている方が多く、また資格取得に向けた学習は、自然災害の種類、自然災害への対策、災害中の情報の取捨選択、義援金・支援金の申請方法、リフォームの知識および保険の活用法など、自然災害にまつわる一生使える知識を習得できます。

「自然災害コンサルタント」「震災保険コンサルタント」やセミナー講師として独立された方もたくさんいらっしゃいますし、勤めている企業内でアドバイザーになった方、また就職や転職に活用された方、もちろんご自身やご家族を守るために役立てる方など、自然災害調査士®の知識は多岐に渡り活用できます。

自然災害調査士の活用法

一生涯に渡り必要となる知識です

台風や豪雨などの自然災害は永遠になくなりませんので、この知識は「一生モノの知的財産」とも言えます。自然災害への総合的な知識は、あなたやご家族にとって大きな安心感に繋がりますし、またリフォームや家の売却、購入の際にも適切な価格で取引ができる建築に関する知識も身につくため、この知識があるのとないのとでは今後の人生において精神的、金銭的、物質的に大きな差が生まれるはずです。

就職や転職に

近年続く自然災害の猛威により、自然災害調査士®の資格は世間から注目を浴び、マスコミからも多数取材を受けています。そのため認知率もあがっており、就職や転職において「役に立った」との声もいただいています。また、震災にまつわる建築の知識が多数身につくため、主に建築業関係や行政および震災関係の会社において昇進・昇給に繋がったとの報告も受けています。

コンサルタント・セミナー講師として

就職や転職に有利なだけではなく自然災害調査士®で身につけた知識を使って、コンサルタントとして活躍されている方も多数いらっしゃいます。この知識は特に、行政や建築業関係の大手から求められているため、講演依頼も多く、また雑誌や新聞への執筆で活躍されている方もいます。

資格取得の流れをチェック資格取得の流れをチェック

自然災害調査士®で活躍されている方々の声

堤 千依さん

堤 千依さん 
株式会社 未来工房美サイトへ移動

全国的にも自然災害による被災(害)が増え、 自分自身の危機感から 「無知は損をする!」と思い、資格取得をしました。車の保険は、車体が傷付いたり、事故したりするとすぐに分かり、保険会社に連絡しますよね。

でも、お家の保険はどうでしょうか?しっかり知識を持っていないと、車の保険のようにはいきません。万が一の時に、しっかりと自分やお客様の資産を守れるように、備えあれば憂いなし。自然災害調査士®の専門的知識を持っている方に、調査をしておいてもらうことをお勧めします。

関 直人さん

関 直人さん 
株式会社 絆サイトへ移動

自然災害調査土®の資格を添付することにより、鑑定人との交渉がスムーズになりました。また、経年劣化によるメンテナンスと、自然災害による復旧工事を分けることにより、お客様からも「わかりやすい」との高評価を受けています。

半澤 富生さん

半澤 富生さん 
株式会社 絆サイトへ移動

自然災害調査土®の資格をお客様に提示することにより、お客様が安心してくれます。また、私自身も自然災害調査士®としての自覚と責任を持ち、家屋をしっかり診断し、調査を更に細かく行うようになりました。

中嶋 芳保さん

中嶋 芳保さん

1この資格を取得しようと思われたきっかけ

前年に二級建築士の資格を取得し、建築現場での業務に興味が湧いたため。短期間ではありましたが、自然災害と思われる家屋等の被害の改修工事に携わり、自然災害調査士®の資格取得のチャンスが身近にあったため。

2資格の活用方法

現在は主に不動産の事業に従事しており、建築の事業からは離れておりますので、すぐに資格の活用とはいきませんが、将来的には資格が活かせるような事業拡大を目指したいと思っております。

3資格を取得されてからのご自身の変化

より一層、建築の事業に携わりたい気持ちが強くはなりました。現在の不動産の事業でも建物を取り扱う機会もありますので、徐々に建築の知識を増やせるように努力をしたいと思っております。

稲森 公男さん 
SEVENSKA DESIGN(セブンスカデザイン)

1この資格を取得しようと思われたきっかけ

台風や地震などが増え、被害があっても火災保険や地震保険を申請できることを知らない方がたくさんいて、そういった方々の力になれるよう、「自然災害調査士®」の資格を持って自然災害のプロ目線でお手伝いをしたいと思いました。

2資格の活用方法

主には仕事で活用しています。この資格を取得したことにより、今まで知らなかった自然災害の知識についてとても勉強になりました。

私は京都在住で、大阪北部地震や台風21号の影響で知人も含め、たくさんの方々が被害にあわれましたが、この資格のおかげで地震による被害や台風による被害を見極め、工務店の方々とも協力して被災された方のフォローをすることができています。ご自身で加入されている火災保険や地震保険の内容を知らない方がほとんどなので、皆さんに喜んでいただいております。

3資格を取得されてからのご自身の変化

協会から毎週くるメルマガでは災害に関する情報が記載されていたり、協会で開催される講習などに参加したりと、近年災害が多くなっているからこそ、その情報は身近なものと感じています。また私自身も大阪北部地震や台風21号を体験してからは、よりー層自然災害の怖さやそのあとの大変さがわかりました。

自然災害の知識を持ち、それに対処できる方法を知っているだけでなく、その情報をたくさんの人に伝えて、被災された方々の助けになりたいと今まで以上に強く思うようになりました。また、仕事としてこの資格は将来性がありフル活用できるので、資格を取った方々と連携して一緒に仕事をしていけたらいいなと考えております。

火災保険や地震保険について知らない方や被災されて何も対処してない方が、まだまだたくさんいらっしゃるので一人でも多くの方の手助けをしたいです。

事例イメージ画像

葛良 洋一郎さん

私が自然災害調査士®の資格を取得しようと思ったのは、土木建築の仕事を通して自然災害で被害を負われたお客様からの相談がきっかけでした。保険会社の方が被害状況などの確認のため現地の立ち合いをされますが、理解している方があまりいないように感じました。

火災保険は自然災害に対して基準も曖昧で、現地確認をされる方の技量や采配で決まるようです。私も自然災害に対する技術的な知識を持ち、対等以上に説明など出来ればと思い、探しました。

そこで出会ったのが、一般社団法人全国自然災害家屋調査協会です。協会の資格取得の知識を高めると共に、その知識を現地立ち合いでの説明などに活用しています。また、資格証を発行していただきそれを持つことにより、協会員として協会に恥じないような活動をと心掛けています。

阿部 勇さん

阿部 勇さん 
株式会社 勇塗装

弊社の業務内容は外壁⼯事ですが、⾃然災害を⽬にすることがよくありました。⾃然災害調査⼠®の資格を取得したことにより、お客様に様々な提案やアドバイスをすることが出来るようになり、⼤変喜ばれるようになりました。⾃然災害のプロだからこそお客様に安⼼感を与えられる︕

葛良 洋一郎さん

稲森 正人さん 
株式会社サン総合メンテナンス

私が自然災害調査士®の資格を取得した背景として、業務上、大型ショッピングセンターやショッピングモールといった建物の広報支援に関わることが多いため、修繕工事などの際に当該資格が何らかの役に立てば・・・という安易な発想でした。
実際のところ、資格を取得したことで地震の興味が関連する内容に向いたのか(?)、自然災害に関するあんてなが高くなり、結果多くの講演会などに参加し、知識を深めることができました。
また、資格を取得したことを社内外に公表していることで、多くの⽅に家屋や建物の相談をしていただき、⾃分⾃⾝も⾮常に勉強になっています。
この資格は⼤きな災害が発⽣した際に真価が発揮される資格であると思います。
当然ですが、⼤きな災害は発⽣しないにこしたことはありません。しかし、昨今では数⼗年に⼀度と⾔われる災害が頻発しております。⾃らの⼤切な⼈を守るためにも、資格を取得し、知識として持っていれば万⼀の時の備え、助けになると思っております。
興味を持たれた⽅は、ご⾃⾝のためにも、⼤切な⽅を守るためにも当該資格を活⽤されることをお勧めいたします。

高松 篤史さん

高松 篤史さん 
株式会社ハートホーム

昨今自然災害が増加傾向にあり弊社でも多数の原状回復工事を手掛けておりますが、 自然災害調査士の資格を得ることでお客様により安心して頂き、常に最新の情報を得ていくことで更に的確な調査を行うことが出来ております。

テキストの内容も非常に充実しており、非常に勉強になります。弊社では調査に携わる全ての社員に自然災害調査士の資格を取得させており、正確な知識を元にお客様とコミュニケーションを取ることが実現しております。

資格取得の流れをチェック資格取得の流れをチェック

タイトルとURLをコピーしました