住家被害認定調査

・り災証明書の発行に伴う調査です。

・地震や風水害等の自然災害により被害のあった住宅について、内閣府の定める「災害の被害認定基準」等に基づき、全壊、半壊等の「被害の程度」を認定する調査です。

・被害認定の実施主体は、被災した市区町村になります。

・実際の調査は、被害認定の調査・判定方法について研修を受けた市区町村の職員等が行います。

必要人員シミュレーション

(計算基準:完了期間 )

必要箇所を入力することにより、調査に必要な期間・調査員の人数をシュミレーションすることができます。
全棟調査 完了期間 を基準とした計算式となっています。
例)1次調査を30日で全棟調査を終わらせたい場合には、完了期間30 と入力してください。1次調査を30日で完了する場合の必要人員が自動計算にて算出されます。

基礎棟数固定資産税台帳の全棟数、地域の全棟数などを入力してください
被災割合
被災棟数仮定
調査棟数 
調査棟数 件/日1日あたり調査できると思われる「棟数」を入力してください
必要日数被災した家屋全棟の検査を完了するための「必要日数」です

1次調査

体制人/班外部のみの調査です
必要人員総数 被災家屋全ての調査を完了するまでに必要な人数です
完了期間全調査に費やせると思われる「日数」を入力してください
必要班数全棟調査を終わらせるため「必要な班数」です
必要人員人/日全棟調査を終わらせるため「必要な班数」です

2次調査

体制人/班内部・外部の調査です
被災家屋全ての調査を完了するまでに必要な人数です
完了期間 全調査に費やせると思われる「日数」を入力してください
必要班数全棟調査を終わらせるため「必要な班数」です
必要人員人/日全棟調査を終わらせるため「必要な班数」です
※小数点により誤差が生じます。