火災保険に関する確定申告の税金控除ついて詳しく解説

 

 

 

 

確定申告のシーズンになると、
税金控除がいくらになるかについて、
気になってくる人も出てきますね。

税金控除の中でも、
火災保険に関する税金控除は税制改正があったこともあり、
納税者が間違って理解していることも少なくないようです。

今回は、火災保険に関する確定申告の税金控除について、
皆さんが良く理解できるように
わかりやくお伝えしていきます。

 

 

続きを読む

施工管理士の受験資格について詳しく解説

 

 

 

 

不況産業と言われる建設業界において、
施工管理士の求人が増加しています。

その背景には、熊本地震などの震災復興、
東京オリンピックのための新規建設などがあります。

施工管理士のことを知らない人でも、
施工管理士の求人募集を目にしたことがあると思います。

それぐらい、現在は施工管理士の求人募集が多いのです。

そのため、これから施工管理士の資格を取得したい
と考えている人が増加しています。

施工管理士の資格を取得するために注意すべきこととして、
受験資格がどうなっているかということがあります。

今回は、施工管理士の受験資格について、
皆さんがよく理解できるようにわかりやすくお伝えしていきます。

 

 

  • 目次
    1.施工管理士とは
    2
    .資格の種類について
    2-1.建設機械施工技士
    2-2.土木施工管理技士
    2-3.建築施工管理技
    2-4.電気工事施工管理技士
    2-5.管工事施工管理技士
    2-6.造園施工管理技士
    3.受験資格を探る
    3-1.建設機械施工技士の受験資格
     3-1-1.1級建設機械施工技士の受験資格
     3-1-2.2級建設機械施工技士の受験資格
     3-2.土木施工管理技士の受験資格
     3-2-1.1級土木施工管理技士の受験資格
     3-2-2.2級土木施工管理技士の受験資格
     3-3.建築施工管理技士の受験資格
     3-3-1.1級建築施工管理技士の受験資格
     3-3-2.2級建築施工管理技士の受験資格
     3-4.電気工事施工管理技士の受験資格
     3-4-1.1級電気工事施工管理技士の受験資格
     3-4-2.2級電気工事施工管理技士の受験資格
     3-5.管工事施工管理技士の受験資格
     3-5-1.1級管工事施工管理技士の受験資格
     3-5-2.2級管工事施工管理技士の受験資格
     3-6.造園施工管理技士の受験資格
     3-6-1.1級造園施工管理技士の受験資格
     3-6-2.2級造園施工管理技士の受験資格

 

 

続きを読む

施工管理士の仕事内容や資格試験について詳しく解説

 

 

 

 

最近、建設業界において、
施工管理士が注目を浴びています。

東日本大震災や熊本地震などの震災復興や、
東京オリンピックによる新規受注により、
建設業界の需要が増えています。

その中で、建設現場での工程管理・安全管理・品質管理などを行う
施工管理士が不足しており、求人が増加している状況にあります。

各年代での求人が増加していますが、人材不足が深刻な状況となっていて
50歳以上の求人も増加しています。

人材不足を打開するために
資格取得のための支援金や補助金の投入なども検討されており、
今後、他業界からの転職者が増加することも考えられています。

今回は、施工管理士の仕事内容や資格試験について、
皆さんがよく理解できるようにわかりやすくお伝えしていきます。

 

 

 

続きを読む

税理士試験に合格するための勉強法はコレだ!

税理士になりたいと思われる方には、
さまざまな理由があると思います。

「経営者の身近な相談役になりたい」
「税理士という独立業に憧れがある」
「経理部に所属していてもっと仕事の幅を増やしたい」

など、それぞれ違った理由があるでしょう。

これから税理士試験を目指す方から、
今まさに勉強中の方までが、
効率良く試験に合格するための情報をお届けしていきます。

自分の興味関心がある項目から
チェックしていただいて大丈夫なので、
ぜひご活用ください。

 

目次 

  1. 税理士になるためには?
  2. 税理士試験の試験科目
  3. 合格までに必要な時間はどのくらい?
  4. 社会人のための勉強法
  5. 具体的な勉強方法
  6. まとめ

 

 

続きを読む

商標登録の流れを詳しく解説

商標登録のフローを解説するとともに、
「商標とは何か?」「商標登録をする意味やメリット」など
必ず押さえておいたほうがいい知識を解説しています。

他の商品やサービスと、
自己の商品やサービスを区別するためにも、
商標についてしっかりと学んでおく必要があります。

商標登録できない事例や、
登録までにかかる期間なども合わせて解説していきますので、
これから商標登録をしようとお考えの方は、
是非参考にしてみてください。

 

目次

  1. 商標とは?
  2. 商標を登録する意味とメリット
  3. 商標登録の流れ
  4. 登録できない商標
  5. 出願から登録までの期間
  6. まとめ

 

 

続きを読む

2級電気工事施工管理技士の難易度を徹底的に解説

電気関係の資格を持っていると、
需要が多いので就職先を選ぶときの幅が広がり、
就職に困る事がありません。

学生だけでなく、社会人にも人気のある資格なので
取得しておいて損はない資格です。

電気関係の資格には電気工事士(第1種、第2種)、
第三種電気主任技術者などがありますが、
今回は電気工事施工管理技士について紹介していきます。

電気工事施工管理技士は、
電気関係の仕事に携わっている人の他に
建設業に携わっている人が取得すると、
仕事の幅が広がる資格になっています。

電気工事は、第1種電気工事士や第2種電気工事士の
資格を取得していないと工事資格がありませんが、
建設業に携わっている人が取得していれば、
電気工事の統括を行うことができるようになります。

あまり一般的には知れ渡っていない資格ですが、
取得していることにメリットは多いので
この記事を参考に資格取得を目指してみてください。

 

続きを読む

「団信」とは? 住宅購入ローンに不可欠な「団信」を詳しく

 

 

「家が欲しい」と考えている方必見。

 

・結婚を控えて、新居を購入しよう

・子供が少し大きくなったから

・資産構築のため

・借家はなんとなく、気をつかうから

・生活に合わせてリフォームをしたいから

・落ち着いて老後を過ごしたいから

 

など、家が欲しい方は住宅ローンを調べると思いますが、必ずと言っていいほど「団信」の文字を目にすることになります。

 

住宅を購入する人の多くは住宅ローンを利用して購入すると思いますが、住宅ローンの利用率は驚くほど高いものです。

 

一般的に

1000万円程度の物件であれば住宅ローンの利用は 60~70%位

2000万円~5000万円の物件では97~98%位

と言われています。

 

もちろん、買い替えの場合など、売却益で家を建ててローンを使わないなどという例もありますが、家を買う、建てる場合、殆どの人が全額または一部の購入費にローンを利用しているのが、現実です。

 

 

そこで、住宅購入に関するローンを調べていくと、何やら、普段の生活では見慣れない言葉に度々、お目にかかることになります。

 

その言葉が「団信」というものです。

 

「団信」を知らずして「住宅ローン」を語ることなかれ。

とでも言いたくなるほど、住宅ローンとはきっても切れないのが「団信」という言葉です。

 

それでは、「団信」とは一体何なのでしょうか?

「団信」について詳しくお伝えします。

 

目次

1.「団信」とは?

2.「団信」の申し込み方法

3.保険料の支払い方法

4.「団信」の種類

5.七大疾病と八大疾病について

6.「団信」の審査

7.「団信」の引受生命保険会社について

8.「団信」の審査に落ちた場合の対策

9.団信ではカバーできないリスク

10.団信加入時にしておきたいこと

 

続きを読む

火災保険で屋根修理をする安心業者の見極め方

 

「火災保険を使い自己負担0で屋根修理を行いましょう!」

 

突然訪問してきた業者にそう言われたら、あなたはどう思いますか?

 

えっ、ほんとにできるならぜひやりたい!

でも、大丈夫かな?ひょっとしたらヤバい話では・・・

 

迷ったり怪しんだりするのは当然です。

というよりぜひ怪しんでいただきたい。

突然飛び込み営業してくる業者は悪質業者が多いのです。

 

でも、条件にさえ合えば「火災保険で100%合法的に屋根修理できる」のは事実です。

 

その方法を以下、まとめてみました。

悪質業者の事例や対処法についても紹介していますので、これさえ読めば鬼に金棒。

ぜひ、参考にしてください。

 

 

目次

 

1.火災保険で屋根修理ができる理由
   1-1. 火災保険とは
 1-2. 火災保険が適用される条件

2.火災保険が不適用になる場合の理由
 2-1. 経年劣化(老朽化)による損害である
 2-2. 修理ではなくリフォームにあたる
 2-3. 故意・過失による損害である

3.保険会社の査定に納得がいかないときは

4.火災保険を使った屋根修理の流れ
    4-1. 「専門業者」に依頼する方法
   4-2. 「代行業者」に依頼する方法

4-3.業者に頼らず保険申請する方法

5. 悪質業者にご注意を!
   5-1. 事例
   5-2.悪質業者から身を守るには

 

  続きを読む

「火災保険でリフォーム」は詐欺の確率が90%以上

 

 

先日、「火災保険でリフォームしませんか」というチラシが郵便受けに入っていました。

ちょうど台風の後だったので、この手の業者にとっては書き入れ時なのかもしれません。

結論から言うと、火災保険で『リフォーム』するという提案は、90%以上の確率で詐欺といえます。特に訪問による勧誘が全体の80%を占めています。

以下、なぜ詐欺といえるのか、詐欺の典型的な手口、詐欺に遭った場合の対処法を解説します。

 

目次

1.台風でも火災保険の対象となる

2.『リフォーム』は詐欺

3.詐欺の手口
 3-1.自己負担ゼロを強調する場合
 3-2.強引な契約
 3-3.うその理由で保険請求

4.詐欺に遭ったときの対処法

 

続きを読む

請求忘れ注意!損害保険の種類と使い方とコールセンター一覧

いつ起こるか分からない災害が実際に起こってしまった際、私たちの生活を守ってくれる損害保険の「お金」と「保険」の内容について色々な角度から詳しく話していきます。

 

目次 

1. 損害保険ってなに?

2. 生命保険と損害保険の違い
 2-1. 生命保険とは?
 2-2. 損害保険とは?

3. 災害時に損害保険に入っていないとどうなる?

4. 災害時に損害保険に入っていた人のメリットは?

5. 損害保険をリサーチしてみた結果?

6. 損害保険の請求漏れに注意!

7. 損害保険コールセンター一覧

8. 損害保険まとめ

続きを読む